デジモン図鑑

WHAT'S DIGIMON
LEVIAMON

リヴァイアモン(X抗体)

レベル
究極体
タイプ
魔王型
属性
ウィルス
必殺技
・カウダ・モルティフェラ
・ロストルム・トリアデンス
・セブンス・ライトニング

プロフィール

その怪物の持つ余りにも強大な力への恐怖から“悪魔獣”と呼ばれ、“七大魔王デジモン”の一体に数えられているデジタルワールド最強の怪物が存在する。デジタルワールドすら呑みこむという巨大な顎を持つその長大な怪物は、ダークエリア付近のネットの海底に眠っていると伝えられ、一度目覚めさせれば、頂点に位置する如何なるデジモンをも見下し、他の魔王型デジモンはおろか天使型デジモンでさえ恐れ逃げ出すと言われている。しかし、デジモンとしてデコード(解読)できる限界の存在で、姿を現すことは皆無に等しく、デジタルワールドに巣食う根元的な悪の存在だとも言われている。必殺技は、巨大な顎『ロストルム{羅:くちばしの意}』で全てを破壊し、長大な尾『カウダ{羅:尾の意}』で全てを薙ぎ払う。
■X抗体によるリヴァイアモンのデジコアへの影響
翼腕が背中から生え、有り余るエネルギーを噴き出すことで飛行能力を得た。陸海空は全てを喰らわんとするリヴァイアモンの餌場となった。必殺技は触手状の尾で敵をまとめて串刺しにする『カウダ・モルティフェラ』と、分割した三つの顎で敵を噛み砕く『ロストルム・トリアデンス』。また、リヴァイアモンが内包する嫉妬のエネルギーが頂点に達し嫉妬の冠が輝いたとき、三本の角から超強力な雷『セブンス・ライトニング』を放ち、大陸を海に沈めると言われている。
 デジモン図鑑トップページへ