デジモン図鑑

WHAT'S DIGIMON
SAKUYAMON

サクヤモン(X抗体)

レベル
究極体
タイプ
神人型
属性
データ
必殺技
・金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)
・此ノ花戦姫万象(このはなせんきばんしょう)
・宇迦之御魂(うかのみたま)

プロフィール

神の意志を代行する巫女の役割を持ったデジモン。タオモン同様、陰陽道の技を駆使して戦い、神獣系のデジモンを使役する能力を持つ。腰のベルトには常に4本の筒を携え、中には4匹の管狐(くだぎつね)が潜んでいる。この管狐を使役し攻撃や情報の収集など、あらゆることに利用することができる。ホーリーエンジェモンの神官形態と同じように神事を司る巫女形態になることもできる。得意技は腰に携えた4匹の管狐で敵を攻撃する『飯綱(いづな)』。この4匹の管狐はそれぞれ「火」「水」「風」「雷」の属性を持っている。必殺技は「金剛錫杖(こんごうしゃくじょう)」を地に打ち付けて邪気を払う浄化結界を張る『金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)』。
■X抗体によるサクヤモンのデジコアへの影響
降霊術や陰陽術を始めとする、東方のデジタルワールドに伝わるあらゆる秘術を極めたスペシャリストへとなった。デジタルワールドの自然と調和することで、草木や岩などの様々なオブジェクトデータを花や狐の形をした式神に変換し使役することが出来る。管狐や式神による索敵・諜報活動に長けており、手に入れた情報を活用することで闇に紛れて敵を討つ暗闇の番人である。新たな必殺技は、周囲のあらゆるオブジェクトを無数の式神に換え、花嵐で敵を包んで消滅させる『此ノ花戦姫万象(このはなせんきばんしょう)』と、四大元素を司る管狐を合体させることで一体の巨大な狐神を召喚する『宇迦之御魂(うかのみたま)』。
 デジモン図鑑トップページへ