デジモン図鑑

WHAT'S DIGIMON
SKULLMAMMON

スカルマンモン(X抗体)

X抗体
レベル
究極体
タイプ
アンデッド型
属性
ワクチン
必殺技
・スパイラルボーン
・ジャイアントクラッシュボーン

プロフィール

太古より蘇ったマンモンがウィルス種のデジモンと戦い続け、全身がウィルスによって蝕まれた結果、全身が骨だけになってしまたアンデットデジモン。死してなお、ワクチンとしての生存本能が強く、戦い続けているため、ウィルスを殲滅すること意外の感情や知性を失っている。胸に輝くデジコアが無傷なうちは、全身が骨だけになっても生命活動を維持することができるが、剥き出しのデジコアを攻撃された時はスカルマンモンの最期だろう。必殺技は背びれの骨を高回転させて飛ばす『スパイラルボーン』。
■X抗体によるスカルマンモンのデジコアへの影響
骨となってまでも戦い続け、残すのは本当の死のみだが、X抗体の影響によって骨格だけが成長し始めている。二本足で完全に立ち上がり、前足は爪状に変化し敵を引裂く。頭蓋骨が異常発達して巨大な角となり、突進時に敵に大打撃を与える強力な武器となった。頭蓋骨の巨大な角を高速で回転させて突進し、敵を粉々に砕く『ジャイアントクラッシュボーン』を身に付けている。
 デジモン図鑑トップページへ